0コメント

仮想通貨3日目~CoinCheckがなぜいいの~!?~

出川さんのCMを
正月休みでやたらと見てました。

で、出川さんが仮想通貨についての番組に出ているのも見ました。
からの、出川さんが何もわからずにCMに出てたってところまで理解しましたwww

なるほどね。だからあの感じになったのねwww




これね。
好きなんだけどwwww

まぁなんでなの?っていうところを今日は私なりに言ってみようかなと。

<CoinCheckの画面>


coincheck02.jpg
(2018年1月3日14時32分)


なのですがチャートの画面がこんな感じ。


と言ったところで、ぶっちゃけ株とかFXとかやってないと何のことだかわからないでしょう。

なので、軽く説明すると、

横軸が時間。縦軸が値段。

時の流れが下に書いてあります。
このグラフ(チャートと言うよ)は過去、何時間/何日/何週間/年で切り替えられて
どんな流れで1BTCの価格が変動しているか、と言うのをみるのね。
もちろん、仮想通貨の種類で切り替えられます。


で、未来は見られませんwwww
当然ですがwwww


一番右が今、ってことなんだけれど、
上がるのか、下がるのかはそんなこと誰にもわからんですよ。

なんでコインチェックがいいとされてるのかっていうと、
このグラフがすっごい見やすい!!
そして操作が簡単。
各コイン銘柄の動きを瞬時に見られるのがとてもわかりやすいんですね。

他の取引所のものだと、ちょっとわかりにくい。
株とかFXとかやってる人だと慣れてるんですけど、
そういうのやってない人にとっては見づらいものが多いです。



<ビットフライヤーの画面>

bitflyer.jpg
(2018年1月3日15時41分)

おおざっぱなので、上がり下がりくらいはわかるんだけど
時間軸もわからないし、微妙だな~というのが率直な感想でした。


他にもいいのあるんじゃない?と思っていろいろ試してみたんですが
ここで気が付いたことがありました。


「あれ?販売所と取引所ってあるけど…なんか違うの?!」


違うみたいです。

なので、これについては次の記事で書きます。


話を元に戻しますね。



<Coincheckのメリット>

CoinCheckは基本的に販売と取引を行っている機関ですので、
両方いける。
というのもメリット。

あとは取り扱っている種類が他の所よりも多いです。

13銘柄。

ビットフライヤーはご覧の通り、6銘柄。

種類が多いと迷うじゃん!デメリットじゃないの?
と言う方もいるかもしれませんが、
もし!!もし仮に、ビットコインが大暴落してしまったら…?
ビットコインの価値が下がることだって、ありますよね。
でも、他の700もの種類の中で、めちゃくちゃ価値の上がるものがあったとしたら?

それを買えない場合、ひたすら損しちゃうじゃないですか?

なので種類は多く選べた方がいい。ということです。
逃げ道は何個か作った方が、安心でしょ?


いうても、全部下落するってこともあるんですけどwwwww
でもそれはCoinCheckのせいではないのであります。


<CoinCheckのデメリット>

デメリットとしては、やっぱり手数料が高いところです。
5000円入金するのに760円位取られます。
出金する時も、送金(移動)するときも、10%程取られます


とは言え、我々初心者ですので。
勉強料だったり、簡単にやらせてもらっている分、と考えたら
しょうがないかなと思えてます。

手数料を取られたくない!!!という場合は
もっと勉強して、手数料の少ない取引所で取引をして増やすしかないですね。

私も実はこの手数料を押さえる方法、勉強中ですので、
分かったらお知らせします。




簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


この記事へのコメント

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

人気記事

おすすめの記事