0コメント

バンドマンのための動画配信ツールノススメ


今回はバンドマンのための、動画配信についてです。
皆さんは動画配信、してますか?
生放送のものや、録画したものをずっと見られるものまで、
今はものすごい数の動画配信サイトが存在していて、
誰でも簡単に情報発信が出来るようになりましたね。

とは言え、よく見ると…

素人のつまらないものもわんさか。
楽しそうなことをやってる人を見つけるのも大変。

なので、我々アーティストが抜きんでてやりましょう。
素人との差をみせつけちゃりましょうね。

でも、バンドマンって意外と、Web事情に弱いところがあったり、
新しいものに手を出そう!っていう気持ちが強く出せなかったり
簡単に動画配信なんてできないよ~…

と言う場合もあります。

事務所の許可がいる
とか

ステージ以外で顔出しするのはちょっと…とか


あるかもしれません。

でも大丈夫!!!(吉高由里子風に)


一つ一つ説明していきますので、出来る事からやってみてくださいね。


1.動画配信のススメ~そもそも、動画配信って何よ?~


動画配信、と言うとやはりカリスマはYOUTUBEですね。
世界中どこでも見ることが出来る、映像(音声)配信サイトです。
しかも、無料で利用できるので、もはや世界中でYOUTUBEを知らない人はほぼ…いないと思う。
誰でもどこからでも、どんなものでも(法的にまずいやつ以外)世界中に発信出来て、
自分を見てもらうことが出来るのが、ライブ配信サイトです。



そんなYOUTUBEを初めに、今あるライブ配信サイトは

・USTREAM
・ニコニコ動画

・ツイキャス

・Abema TV
・LINE LIVE

・Google+ハングアウトオンエア

・ステージャーライブ
・SHOWROOM
・FC2ライブ

…他

わー…なんかいっぱいあってよくわかんなーい…

何?何が違うの?親会社?元締め?
それだけの違い?

と、まぁ、これだけあるとどこでどうしたら良いのかわからなくなりますよね~。



なので、今回はろっくんが抜粋した厳選オススメ配信サイトを詳しく見ていきましょう。




2.ライブ動画配信サイト比較~バンドマンに最適なサイトはどれだ!?~



ライブ動画配信サイトにはそれぞれ特徴があります。
一つずつ、メリットデメリットを説明しますので、お付き合いください。


・YOUTUBE

言わずと知れた、王道の動画配信サイト。
YOUTUBERの巣窟。Googleの広告表示が出るようになってから、
再生数に応じて動画配信者に収益が入るシステムを使い、
いまだに成長し続ける素晴らしいサイトですね。

配信者にもメリットが抜群、動画を見る人も無料なために、
数々の同種サイトが乱立している中でも
利用者は現在世界一を誇っています(2017年現在)

youtube-small.jpg



<YOUTUBEでバンドマンが配信するメリット>

・無料で配信できる
・世界に発信できる
・24時間いつでもOK
・生配信だけではないので、PVやずっと残して見せることが出来る
・見ている人の人数が半端ない
・再生数が多ければ、バンドの収益を得ることが出来る


<YOUTUBEでバンドマンが配信するデメリット>

・他の素人と同じクオリティのものを出すとしょぼいバンドだと思われる
・PVなどを作るのにお金がかかる
・過激な表現をしているバンドは、削除されるかもしれない


こうしてみると、YOUTUBEは生配信よりも、MVやPV、
ライブの映像などずっと見られるものをUPするのに使うといいでしょう。

もはや、YOUTUBEは必須。

僕もよく聞かれますもんね。YOUTUBEないの?って。


フライヤーなどにも、チャンネルのURLを載せた方が、観られる回数も増えますので、
ここは頑張って、いい映像を残してUPしてみましょう。


・ニコニコ動画


こちらも、超大手の動画配信サイトですね。

YOUTUBE同様、生配信+ずっと見られる動画と両方可能となってます。

ボカロがここから火が付いたわけですが、ものすごい人気となりましたね。

ボカロPだとか、「歌ってみた」「踊ってみた」などの動画から、

プロになった人たちもたくさんいます。



コメントが流れるのが特徴的ですよね。
盛り上がりの感じが配信者にもモロに伝わります。
生放送の方は閲覧者の人とコミュニケーションが出来ることで、ものすごく普及しました。
動画配信の方でもコメントを書き込めるので、盛り上がりポイントがわかりやすい!



こちらも外せない動画配信サイトです。元締めはドワンゴ。



<ニコニコ動画配信のメリット>

・世界で見られる
・アニオタ、ゲームオタ、ボカロなど日本を代表するオタク文化に突出した動画が多いため、
見てくれる人が顧客化しやすい。
・一度ハマるとのめり込んでいただける。
・再生数が多かったり、応援されると収益になる
・閲覧者が半端なく多い
・ニコニコ動画内での宣伝がとっても簡単
・動画があれば即UP出来る。なくても生配信で録画すれば今すぐ配信ができる。


<ニコニコ動画配信のデメリット>

・素人魂が強いため、あまりにプロが参入すると歓迎されにくい
・これからのし上がるんだー!という人に非常にやさしいが、クオリティの低いもの位はひどいコメントが付く
・ひどいコメントに耐えられる精神力が必要
・いいもの、楽しいもの、コミュニケーションが取りやすいもの、でないとみられる可能性が低くなる
・プレミアム会員になる必要がある(月額制)




今すぐ配信したい方は↑クリックしたら始められます。


ふむ。

月額でお金がかかると言っても、大した金額ではありません。500円(税別)です。
しかもクレカで決済できますので、クレジットカードがある人なら今からでも可能。
ですので、まぁ…一刻も早く始めたものが勝つ。と言っても過言ではありません。

いつ、どうなるかわからない時代ですのでね。
始めようと思ったら今すぐがいいでしょうね。

YOUTUBEとニコニコ動画は、ターゲット層も微妙に違うので、出来れば両方とも使った方が宣伝効果が高いです。

YOUTUBEは大衆向け
ニコニコ動画はオタク向け

といったところで住み分けがされている気がします。


・ツイキャス

twitcasting.png

Twitterと連動してコメントができる、スマホのアプリで一般の人々に一気に普及した生配信サービス。
Twitterのアカウントがあれば、ソッコーで配信可能です。
他には何もいりません。登録もいらない。

アプリを落とすだけ。

で、スマホのカメラを使って、自分をうつしたり、スマホの中にある画像を設定して音声だけで配信したりできます。

とにかく若い子が多い!若い!女子高生が多い!

んですが、意外とおじちゃんおばちゃんも多くて。
一般の人たちのコミュニケーション的な動画配信サイトです。

生配信が中心なので、録画したものを流すことは今のところできません。



<ツイキャスのメリット>

・親近感がある
・バンドマンもやってるけど、そこまで多くない
・閲覧者とのコミュニケーションがしやすいコメント
・素人が多い分、プロっぽいことをやると閲覧者がすごいことになる
・閲覧者が見てない人にも見えやすいので、人気度がわかりやすい
・Twitter連動のため、宣伝が超楽。
・アプリを立ち上げるだけで配信できる


<ツイキャスのデメリット>

・何を配信するかによっては、失敗することもある
・出入りが激しいわりに、コミュニケーションを取らないと固定の閲覧者が増えない
・一方的な発信がしづらい
・親近感ありすぎて友達化する可能性が高い


生放送を簡単に、楽に、今すぐするためのツールですね。

上手に使えば~といったところかしら。
とは言え、ツイキャスの知名度もかなり上がってきてますので、
いろんな人が使う事で、有り方や使い勝手も変わってくる、そんな伸びしろがありそうなのがツイキャスですね。
YOUTUBEやニコニコ動画はもう、安定した感じがする分、
これからが楽しみな雰囲気なのが、ツイキャス、と言ったところです。


とにかく超簡単に出来過ぎて、戸惑います。
え?え?もうこれ映ってるの!?ってなるので(笑)
アプリを落としたらテスト配信をしてみるといいです。
テストって書いておけば、観てる人も戸惑っているあなたを暖かく見守ってくれるはず…





・USTREAM


YOUTUBEに並ぶ世界最大規模の動画配信サイトです。
これまでの3つが日本向けならば、海外向けって感じです。
日本での普及率はそこそこじゃないかなぁ、と思っていましたが

実はプロの世界ではものすごく使われているのがUSTREAMなんですね。


th7G0VK2AT.jpg

YOUTUBEとUSTREAMはプロの人も使います。
市場が世界規模で、でかいから。

世界に発信したい!という事であれば、USTREAMを使うといいでしょう。
生の配信が可能です。
コメントはYOUTUBE風なので、動画の下につきます。



<USTREAMのメリット>

・とにかくハイクオリティ
・プロっぽい
・ターゲット層がハイクラス向けのため、バンドも高級な雰囲気でやれる
・世界に発信できる
・ほかのライブ配信サイトに比べて、サポートがしっかりしている
・なんかとにかく超しっかりちゃんとしてる



<USTREAMのデメリット>

・オーディエンスとのコミュニケーションはリアルタイムでとなるとちょっと弱い
・大人の人たちが見ているので、下手なものは見向きもされない
・登録がちょっと面倒
・英語が出来た方がいい


政府の公式でもUSTREAMとYOUTUBEって感じなので、とにかく超ちゃんとしてるのがUSTですね。
カメラを用意して、パソコンを使って、というスタイルで
ハイクオリティな映像を世界に配信できるので、プロが使うもののイメージは強いです。

とはいってもそこまで敷居が高いわけじゃないですよ。
YOUTUBEとそんなに変わりません。

「うちのバンドは高級なイメージでやりたいんだ!」と言う場合はUSTREAMがいいでしょう。


・LINE LIVE


LINE_LIVE.png
お馴染みのLINEがやってる配信サイトですね。
LINE LIVEはお笑い芸人さんだとか、今活躍中のタレントさんだとかも配信している
ライブ配信専用。タイムシフトは対応してない様子…。

LINEのIDを持っていれば誰でもできます。
これもアプリを落とせばばっちり、ソッコーでできますので、即配信したいんだ!と言う方はどうぞ。

ばーっと見た感じ、素人さんとタレントさんとが入り混じっていて、
内容次第では、あれ?この人たち、ガチの芸能人なんじゃ?
と思わせられることが出来ます。

<LINEライブのメリット>

・LINEをやってる人に宣伝しやすい
・という事は友達の間で広まる可能性が高い
・配信してゲットしたポイント、視聴してゲットしたポイントでスタンプが買える

<LINEライブのデメリット>
・普及率がいまいち
・LINEやってない人は登録しないとダメ


とは言え、LINEやってない人の方が今、たぶん少ないので。
これから伸びてくる動画配信サービスになるんじゃないかな。

最近PC配信にも対応するようになったので、ゲーム配信も増えてきて
少しずつ市場が大きくなってきている雰囲気です。

そういう意味ではチャンス!かも。




・Abema TV Fresh


iOS用

og_image.png


AbemaTV フレッシュ!の方ですね。
これも簡単に生配信できる!のとタイムシフトして見られるっていうのがオイシイ。

なんといっても、アプリが使いやすいので、配信自体は超楽ちんです。

普通のAbemaTVの方ではアニメやらドラマやらを無料で無放題だし、
フレッシュで配信するという使い分けをしてもOK。

<Abema TV のメリット>

・アプリのくせに、高画質
・配信までが超楽ちん(ログインいらない)


<Abema TV のデメリット>

・普及率がいまいち
・配信できるという事を知らない人がま多い


これもチャンスですね。少ないということは、そこでトップを狙えるってことで。
割かし公式感のある動画の配列や字体なので、実はツイキャスなどよりも高級な雰囲気を出せるゾーンです。


僕個人的には、AbemaTVを一日中スマホで見まくってる方が多いですが…めちゃくちゃいいですよ。
普通にCS見てる感覚で、アニメを見まくります(笑)

ANDROID用




・SHOWROOM

アイドル好き向けの生配信サイトです。
や、アイドルじゃなくてもたくさん使ってる人はいるんですが、
イメージとしてはアイドルをよく見ます。
タレントの卵や、アイドルの人はSHOWROOMがいいでしょう。
女の子が配信するのには、やりやすい仕組みになっています。

オーディションなども頻繁に行われているので、
業界に入り込みたい人には、チャンスがいっぱいありますよ。
モデルの子も多いみたい。



<SHOWROOMのメリット>

・業界に直結している
・アイドルがいっぱいの中でバンドマンはオイシイ
・来る人達はアイドル好きが多いので、アイドルバンドならお客をGET出来る可能性が高い


<SHOWROOMのデメリット>

・逆にアイドル好きに好かれないとダメ
・配信者に男の子は少ないので、ちょっと入りづらいかも


といってもSHOWROOMの元締めはしっかり音楽会社ですので、
オーディションなんかはすごくチャンスが転がっています。
VAMPSさんの主催しているHALLOWEEN PARTYの出演者なんかも
このSHOWROOMでオーディションしたこともありました。
なので、オーディション目的で配信をしてもいいでしょうね。



3.で、結局どうすればいいの?というバンドマンはまずこれだ!


これだけあるとどうすればいいのかわからないので、

えぇ、僕も実際どれを使えばいいのってなってたので。


使い分けをする。


これが一番いいです。
と言っても、全部アプリを入れてたら、スマホの画面が大変なことになるので…

僕の場合は

・YOUTUBE=PV、ライブを撮影したもの、リリース時のCMといったバンドの公式チャンネル
・ニコニコ動画=歌ってみた、演奏してみた、などオーディエンスへのサービス動画
・ツイキャス=オーディエンスとコミュニケーションをとるためのツール(ファンと親交を深めてライブに来てもらう窓口)

みたいな使い方をしていました。
まぁ、やれても3つが限界でしょうね。

ツイキャスやLINE LIVE、Abemaフレッシュ、SHOWROOMは、ターゲット層がちょっと違う位で
使い方や配信の感じというのはそんなに変わりません。
コミュニケーションツールの感じが強いですのでね。

あとはメリットデメリット、バンドの感じ、どう見せたいかでそれぞれのやり方がありますので。
参考になったら嬉しいです。



各サイト、自分の画像やサムネイルが必要なので、それは作っておいた方がいいですよ~。
顔写真+背景位なら、LINEのカメラアプリやらピクスタの無料素材を使って、
目を引くものが作れるはずです~


※そこらへんに落ちてる画像は勝手に使うと著作権に引っかかって大変なことになりますので
ちゃんとしたバンドマン、売れるバンドマンになろうと思っている人はロイヤリティフリーの素材をつかいましょうね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








この記事へのコメント




人気記事

おすすめの記事