0コメント

モテたい!キャーキャー言われたい!ではとにかく集客!!バンドに命を懸けるために必要な行動





こんにちは


ぼちぼち夏休み。

バンドマンにとっては書き入れ時です。


ロックフェス、イベント興行は今の時期がチャンス!!


なのですが、正直言って、イベントに参加するためには


3か月前からきちんと計画を立ててやる


と言うのが鉄則。


明日やるイベントに出たい!出させて!


と言ったところで、そんなの無理です。


無理だった!昔は。


でもね、今はライブハウスの経営は低迷してるし、

毎日あったライブも続々と2日に1回、3日に一回なんて言うところも多々。

ライブハウスにとってはピンチです。


イベンターも、前日になって、約束してたバンドが急に連絡が取れなくなったとか、

飛んだ!とか、当日になってこない!とか


もうそんなの山ほど見てきたわけです。


そこにサっ!!!と入ることで、様々なライブハウスに貢献したり

イベンターに感謝されることで、実は…うちのバンドはのし上がってきたわけです。


実はこれがとっても大事で。


というのも、WINWINの関係がつかめるから。


ライブハウスやイベンターは、出演バンドがいない…と困ってるわけです。


そこに救世主のように現れるバンドが…!となったら

ノルマは無しでもいい!という場合も多いわけ。


通常ノルマとしては、ライブハウスにもよりますが全体で3~4万円。

チケットを捌くことで、その費用を賄いますが、

ノルマを達成できないバンドの方が確実に多いです。


みんな、お金を払って出演しています。


ノルマ以上にお客さんが呼べれば、プラスになります。


が、上記のケースの場合、ノルマ無し。

なので、バックもないパターンもあります。


とはいえ、ノルマ無しで出られるならラッキーだと思いませんか?


お客さんだって、急に明日やるよ!と言われてこられる人もそんなに多くない。

だけど、他のバンドさんのお客さんには見てもらえる。

とりあえず、名前だけでも覚えてもらえるようなライブをやれば、少なくともプラスに持っていけます。


よね?


これは毎日鍛錬していれば出来る事。

明日急に出演してよ!と言われて出られるバンドは重宝されます。


お客さんが少なくても!です。


さらに言えば、お客さんがいればもっともっと喜ばれます。


当然ですよね。ライブハウスだってプラスで来てもらえる方が嬉しいもの。


明日急にライブになったけど、遊びに来ない?

ってSNSでつぶやくだけで、数人、数十人が集められれば

あわよくばバックを出してもらえることだってあるわけ。


ほら。


もう次の活動資金を稼げた!!!


とはいえそう簡単にはいきません。


さっきも言った通り、日ごろの鍛錬が必要です。


下手なライブを見せて評判を落とすくらいなら、やらない方がマシです。


なので、毎日毎日自分磨きをしなければいけません。

そして、なるべく人から注目されるような存在でいなければなりません。


つまりは、モテる人。

この人のためなら明日の仕事休んでもいいわ!と思ってもらえるような人に。


じゃあそうなるにはどうしたら良いか…


学ぶしかありません。


モテる人はどういう行動をとっているか

モテる人はどんな言葉遣いをしているか

モテる人から影響を受けるのが一番早い。


この世でモテている人とは…

そうですね、いわゆる有名なアーティストさん。


なのですが、その人達と一緒にいられるくらいならこんなところ見てないでしょう。


しかし、かつてモテていた素晴らしい技術を持った人が「モテ術」を公開しています。

有名なアーティストに会うにはお金が必要です。

タダで会えるなんて、そんなわけありません。

あったところで、いきなり「どうやってモテてんですか!」と聞くことは出来ませんよね。


でも、そこにお金をかければ、手間暇をかければ、必ずモテるようになります。


当然です。

あなたのやることはすべて、あなたに帰ってくる。

今日の自分が頑張ったことは、明日の自分を支えるもの。


お客さんを集めるのだって、お金をかけることでワッサリ可能です。


お金お金…もう嫌だー!!となる前に、モテる人になって逆にお金を集めましょう。

モテるようになれば、お金は必ず集まってきます。


安心してください。


世の中のみんな、そうでしょう?

なぜ、有名なアーティストが優雅な暮らしをしているのか


モテているからです。


この人に会いたい!と人が集まってくるからです。


すべての集客は、まずモテること。アーティストに必要な要素です。

自分が商品なんですからね。


・ギターの腕を磨く←かっこいい=モテる

・いい人間の振る舞いをする←素敵!=モテる

・人に喜んでもらう←嬉しいから好き=モテる

・憧れの生活をしている←あんな風になりたい=モテる


「モテる」につきます。

これしかない!!


という事で、かつて最高にモテて、歌舞伎町で超有名になった彼の技術を、

いますぐにGETしてしまいましょう。


何度も言いますが、バンドマンには時間がありません。


モテ術にそこまで時間はかけられません。

サッとやってサッとモテる人になってしまわないと。

若いうちが一番効果があります。

40代、50代になってから、人生で初めてモテた!なんてことでは遅すぎます。


その年齢まで売れないバンドマン、やるつもりはないでしょう?


ならば今しかない!

これだ!!!





バンドマンはモテてなんぼ。
営業のためにモテに行くわけです。

いわゆる広告塔となって、たくさんの女の子を集めて、
そしてライブに望んで、またそこでモテる。

誰かが連れてきた友達にもモテれば、次のライブには来てくれるかもしれません。
そうして集客を着実に増やしていくんです。

倍々の法則を使うことが出来たら、1か月後には大変な数のお客さんがライブハウスに押し寄せるはず。


バックなんてみみっちいことを言わずに済む日は近いですよ。


例えバンドを辞めても、この技術があればずっとモテ続けられます。
何か商売を始めるのにも役立ちます。

未来の自分のために、今日の自分磨きを…。

自分にお金をかけてこそ、モテる人間になれるんです。

Gacktさんにしても、西川貴教さんにしても、
今かっこいいと言われてモテている人はみんな、自分にお金をかけてきました。

ここはぜひ、見習うべきところです。


今はお金の話ばかりでなんだよ…と思うかもしれませんが
あなたが売れっ子になったとき、理解できるはずです。

一度、チャレンジしてみてください。

いい未来が必ず、訪れます。









この記事へのコメント




人気記事

おすすめの記事