0コメント

一を知り、全を知る




こんにちは。

ろっくんです。

ギター講座をもう少し充実させていこうと思っていますが、
その前に…


積極的にギターをうまくなりたい、
ギタリストになりたい、

と思っている人にはメルマガ登録をお願いします。

というのも、こちらのブログだけでは伝えきれないものが多々あるということに、改めて気が付いたからです。


本来は、教室を構えて、というのが一番効率がいいけれど、
それだと一人ひとり丁寧に教えたい分、どうしても数が限られてしまいます。
なるべく多くの人にギターの楽しさを伝えたい。

ただ、それだけでは、本当に上手くなりたい人へのフォローが難しくなります。


そこで、本気の方にはメルマガ登録をしてもらいたいのです。

こちらからは、だれがどんなモチベーションでいるのかわかりませんので、その一つの指針として、このような手段を取ることにしました。

上手くなるだけでは売れません。

売れるギタリストになる、バンド運営をする。

そうした本気の方だけにお知らせしたい情報があります。

こちらは無料でお届けしますので、
登録をお願いします。



さて。


一を知り、全を知る。


というタイトルですが、これはある教え子さんの様子を見ていて思う事です。


何か一つ、テクニックを教えると
次の週きちんとそれを取得してきます。

出来るようになってる。

それは良いです。良い事です。

が、出来ればもう一歩、



自分で考える


ということをやって見てほしいのです。

どうにもその教え子さんは、一つ教えてもらうと一つ覚えて、終わり。

教えて貰えれば上手くなる、と思う節があるんですね。

なので、印象としては、

とても消極的で、ほんとに上手くなりたいのかな?


とこちらが不安になる感じなのです。


ちゃんと出来るようになって、レッスンに来るのはとても偉いとは思うのですが、僕の教え通りにやればプロになれると思っているようです。

これでは師匠としては不安ですよね。

実際現場に行って、急に言われてないリクエストをされた時(これ、意外と多いです)、師匠が居なければ対応出来ないって事になるんじゃないか、と。


コードブルーというドラマを見て居て、
山Pが新人教育をしてるシーンがありましたが、

本当にそうで。つきっきりで一緒に居られるわけじゃないんですよ。

まして、ステージは演奏者のものです。
そこで師匠が本番中にズカズカ入ってフォローする、なんて事は出来るはずないです。


ですので、ちゃんと自分で考えて、
自分で経験して、
こうすれば良いかなという
自分なりの正解を見つけなければいけません。


師匠が出来る事は、練習でつまずいた時や
悩んでいる時に寄り添って、師匠の経験上はどうだったか、こうしたら上手く行ったことがある、という事を言うだけです。

それがあるのとないのじゃ全然違いますけど笑


積極的、と言うのはそう言うことです。


一を知り、全を知る

の意味とはちょっと違いますけど
一を知り、十を知る


そのつもりで臨んで欲しいと思います。

実は、それが最短で1番楽なギター習得方法なんです。
でもね、なかなかそうはいかないですよね。

そこで、

僕のような存在が要るって訳ですね。


1を知って、10を見つける方法。
自分で考えて、見つけていく方法。

ここで少しずつ身につけて下さい。


読んでいれば必ず、見つけられるようになります。


この記事へのコメント




人気記事

おすすめの記事