0コメント

イメージトレーニングが重要




こんにちは。

ろっくんです。


ギター練習、頑張っていますか?


ひたすら弾きまくる。
それもいいでしょう。

でも、我々には時間がありません。

バイトもしなきゃいけないし、
お金を作らにゃいけないし、
ライブのブッキングや準備もある。
集客もしなきゃいけない。


そう、お金も時間も足りないことだらけなんです。


なので、なかなかまともにギター練習が出来ないこともあるでしょう。


そんな時は、たった一つのことをやればよいのです。


寝てる時以外は誰でもできます。

場合に寄っては寝ててもOK(笑)


それがイメージトレーニングです。


最近、脳科学において、

脳みそは現実と空想の差が分からない


という事実が判明しました。

つまり、考えたこと=現実のこと


と捉えてしまうそうなんです。


あれ?

ということはです。



脳内で練習しても、現実に練習しても
どちらでも上手くなる


ってことなんです!



しかし、脳内練習=イメージトレーニング
では限界があります。

手の感覚、抑えた時の痛み、鳴っている音、これらは現実でしか体感出来ません。

ギターを持っていなくても、頭の中で、


こうしたらこういう音


という正しい記憶があれば、イメージトレーニングだけでも上手くなれます。

が、それは至難の技ですよね。



なので、現実の練習がまずは大事なことです。
現実の練習でやったことを記憶しておくのです。
意識して、こうしたらこんな音、
こうしたら、あんな音
という経験を積み重ねて行きます。


そして、現実に練習ができない時に思い出すのです。


なるべく具体的に。
右手の位置、弦の感触、左手の指の形、押さえる力加減、

それらをなるべく具体的に思い出すこと。



これが真のイメージトレーニングです。


そして、イメージトレーニングは、良かった事だけを思い出してください。

悪かった、失敗したことは忘れてください。

こうしたら上手くいった、ということだけを思い出すと、脳みそが勝手に


これが本当。


と認識してしまいます。

次にギターを弾く時に、脳は勝手に、上手くいくやり方を提示して、右手や左手に司令を出します。


この音いいわぁ、という記憶が大事になってきます。



イメージトレーニングとはこうして、脳と身体を一致させていくと言う事。


音楽だけではなく、スポーツも同じことですよ。


今日はギター練習のイメージトレーニングについて、でした!





この記事へのコメント

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

人気記事

おすすめの記事