0コメント

twitterが丸アイコンになったとのことで

tatle.jpg


こんにちは。

twitterが丸のアイコンになったことで、端っこが見切れちゃっている
六弦祐介です。

だからと言って変える気にはなれない…
とは言え、なぜアイコンを丸にしたんだろうなぁ…


◆丸になるな、星になれ◆

さて、丸アイコンになったtwitter。
だからなんだ!


バンドマンとして、ミュージシャンとしては

丸くなるな!星になれ☆


ですよね。

星…スター…ロックスター!!



◆ギタリストは一生苦悩するもの、だがそれがいい!◆

という事で、いろいろと準備を進めています。

皆さんのギターが早く、一歩でも理想に近づけるように…



と思っているんですが、僕自身いつも思うんです。



ギターの奥が深すぎて…これは一生悩み続けてしまいそうだ。



でもね、それでいいんだと思うんですよ。
そうじゃなきゃ、満足しちゃったら、もう、そこでギターの楽しみを見いだせなくなるってことじゃないですか?
楽しいギターを弾くことをやめてしまうわけです。

ミュージシャンになってから、いろいろとあって、
やっぱり、誰しもが通過したであろう苦しみも味わってきました。

ギターがつまらない…
いろいろ言われて嫌になっちゃった


そんなこともありましたよ。

音楽そのものが嫌いになりそうだ…

そういうこともありました。


でも、気が付いたら、やっぱり好きでやってしまっている自分もいるんです。


一番いいのは「趣味」でやることです。
音楽に従事して、プロとしてやることというのは本当に厳しいものです。

だけど、趣味でもうまくなりたい、向上したい、その気持ちがやっぱり一番大事ですよね。

もし、あなたが少しでもうまくなって、聞かせたい人が一人でもいるのなら、
僕は徹底的に協力したいです。

ギターの楽しさ、
バンドの楽しさ、

これって、愛情がなければ感じることが出来ないんです。


音楽とは愛情の塊なのです。



先輩のバンドを見ていてすごく思うんです。

1人1人が、メンバー同士でフォローをしあったり、
こうした方があの人はやりやすいんだろうと憶測して、先回りしてやっておくとか
アイコンタクトで息を合わせたりとか、

うまい下手関係なく、それぞれを生かすように、全員が動いているんですね。


◆最高のバンドマンとは…◆

「最高のバンドマン」っていうのは、まず、心が大事になってきます。

腕はやればできるようになるもの。

でも心の育て方というものは、ミュージシャンの人からしか学べません。

僕もまた、素晴らしいミュージシャンの人と一緒にいることで、様々な精神論や心を育ててきました。



よくいるんですけれど、「俺は一人でもやれる」とか
「人に教わるなんてカッコ悪い」だとかいうのは、


外見上だけでいいんです。


オーディエンス向けにそういう姿を見せるのは戦略としてありです。

だけど、本当の姿として、人と一緒にやれること。
愛をもって人に接することが出来る事。

そういうのがなければ、音楽をやるものとしては成功できません。

趣味でやった方がいい、と言ったのは、プロになりたい人ほど、プライドが生まれるから。


趣味の人はプライドも何もないですからね。
楽しいからやる。だから人に目を向けられる余裕があるんです。


本当は、反対なんですけどね。
プロ程、心をたくさん使って、みんなで目標を達成しなくちゃいけないんです。

が、やっぱり始めたばかりの頃から、この意識は持っていて欲しいです。



この記事へのコメント




人気記事

おすすめの記事