0コメント

絶対やらない運指練習はするな

tatle2.jpg


ギターが上手くなりたくて、
いろいろ調べては、練習方法を開拓している人も多いはず。


そんな人だからここにたどり着いたのかもしれませんね。

この出会いは運命的。
なんて笑


◆運指の練習ならクロマチックだけど◆

よく、運指の練習だ!といって、
クロマチック
いわゆる、人差し指、中指、薬指、小指を順番に動かすものがありますが、
その中で使えないもの、というのを見かけることがあります。



それは




普通の演奏では絶対に使わないフレーズを抑える、というもの。




これは何の役にも立ちません。

その運指、いつどこで使うのさ?


というものはやらないでください。

ただ、柔軟性を付けたいという場合は、基本的なクロマチックと、そこから派生する指の順番を変えたもの、
そういうのをきっちりと音を出しながらやりましょう。


◆音を出さない練習は無駄◆
練習する時は


絶対に音を出して下さい。


よく、エレキギターの場合で、アンプを通さずに練習する方がうまくなるという方もいらっしゃいます。

でも、実はそれって良くないんです。


人に発表するときとほぼ同じ状況、つまり、エフェクターやアンプをしっかりつないだ状態での練習をお勧めします。

なぜなら、実際に人に見てもらう状況に慣れなくてはいけません。

アンプを通さずに練習していると
アンプを通した時にどんな音が鳴っているか、
ノイズがどんなふうに載っているか、
そういったことがわからないまま、ライブでいきなりアンプを通すことになります。

そうなると、音はバーン!!と大きくなるし、コントロールが出来なくなります。

出来るだけ人に見せるときと同じ状況を作って、練習しましょう。

スタジオに入るでもいいし、家でアンプを買ってもいいし
方法は問いません。

でもアンプから音を出す、という事に慣れてください。

ノイズのコントロールは基本的に左手の指を細かく意識しなくては出来ることではありません。
右手のニュアンスもアンプを通す、通さないで大幅に変わってきます。


ギタリストはギターで人を魅了するものですよね。
人に見せるために練習しているようなものじゃないですか?

ならば、人に見せられる状態での練習は必須!


もしもギタリストとして、僕のことを信頼してくれるのならば、
僕の言ってる通りにやってみてください。
必ず、上手になります。

◆これまでうまくいかないことばかりならば、チャレンジを◆

そして、もしバンドを組んでいるのなら、そのバンドがうまくいくように示唆します。

このブログでもっともっと、技術向上を目指しましょう。

このブログでは、僕が10年以上かけて、様々な情報や知識をお金と交換してつけてきたものです。

文章だけなのでどうしても、伝えきれないこともあります。
ですので、ここでは出来る限りわかりやすく、文章を考えてお伝えしていますが
質としては落ちてしまうので、無料でお知らせしています。


今後、メルマガなどでは動画配信でのギター講座を行なっていきますので、
もしよかったらメルマガ登録をお願いします。

この記事へのコメント

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

人気記事

おすすめの記事